PMS・PMDDの治療方法と病院(クリニック)の選びかた
  • PMSの様々な症状
  • PMS?PMDD?イライラ・うつの原因
  • PMS・PMDDの治療方法と病院(クリニック)の選びかた
  • PMS?妊娠?生理前の吐き気の原因
  • PMSを改善する生活習慣

PMS・PMDDの治療方法と病院(クリニック)の選びかた

  1. PMS・PMDDの治療方法と病院(クリニック)の選びかた

PMSの治療にはどんなものがある?

現在病院やクリニックで選択できる主なPMS(あるいはPMDD)治療として、1.ホルモン療法、2.栄養療法、3.漢方、4.抗うつ剤による薬物療法があります。これはクリニックによっても異なりますし、またいくつかの治療法を組み合わせて提案してくれるところもあります。以下にそれぞれどんな治療法かについてご紹介しますので、クリニックや病院選びの参考にしてみてください。

1. ホルモン療法

ホルモン療法とは、PMSの原因がホルモンバランスの変化によるものであるという考え方から、排卵後に増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌を抑えるためにホルモン剤の投与を行う治療法です。ホルモン剤の種類としては低用量ピルが一般的ですが、プラセンタ療法もこのホルモン療法に含まれます。ホルモン療法は、体質に合わないことで効果が得られなかったり、強い副作用が出たりする可能性もありますが、うまく効果が表れた場合は精神的な不安定感や肌荒れやニキビの予防が期待できます。対症療法の1つで、婦人科を受診した場合に提案されることが多い治療法です。

2. 栄養療法

栄養療法とは、まずPMSを発症させている原因を血液検査や尿検査の結果から分析し、その分析結果から導き出される不足した栄養素を与えることで症状を緩和していくという治療法です。出ている症状を抑えるという対症療法ではなく、不調を引き起こしている体内の仕組みを変えていく根本治療であるため、薬物療法などと比較すると即効性はありませんが、早くて3ヶ月頃から変化が表れ始め、だいたい6ヶ月ほどで症状が緩和されていきます。基本的にはサプリメントや点滴などで栄養素を摂る治療法であるため、副作用もなく安心して始められます。

3. 漢方

栄養療法と同じく体内のバランスを整えることで症状の改善を目指す治療として、漢方治療を実施しているクリニックもあります。PMSで表れている諸症状から、漢方の基本概念である「気」「血」「水」のバランスが崩れている部分を探し、漢方薬を投与することでそのバランスを取り戻すという治療です。こちらも即効性のあるものではなく、体質的に効果が出にくい場合もあるため、低用量ピルや抗うつ薬を併用した治療を勧めるクリニックもあります。また、漢方で副作用が出るという人もいるため、合うか合わないか、あるいはどの程度効果が表れるかには個人差があります。

4. 抗うつ剤による薬物療法

PMSの症状の中で特に抑うつ感、不安感、絶望感が強く出ている場合や、PMDDの重い精神症状が出ている場合に、抗うつ剤を始めとした薬物療法が勧められることもあります。PMSやPMDDで心療内科や精神科を受診した場合にはこうした薬物療法が選択されることが多いですが、薬をやめると再び症状が表れるといったケースが少なくないため、効果を感じたとしてもずっと飲み続けなければならないというデメリットがあります。ただし即効性があり、重度の場合は一時的に薬物投与によって社会生活を送るための自信を取り戻すことで、その後の治療の切り換えを可能にするという場合もあります。

PMSの治療にはどんなものがある?

病院・クリニック選びの注意点

上記に挙げたいくつかの治療法を見てもわかりますが、PMSやPMDDの症状を緩和・改善する方法には、大きく分けて対症療法と根本治療の2種類があります。まずはこの2つのうちどちらが好ましいかを考え、希望の治療法を専門としている病院やクリニックを探してみてください。

初診時に無料でカウンセリングを行ってくれるところで一度相談してみるのもいいでしょう。PMSもPMDDも症状に個人差が大きく表れる病気です。1人ひとりの症状やそれをどう捉えているか、またそういった症状に対する不安の大きさなどをしっかりヒアリングした上で治療法を提案してくれるところを選ぶことをおすすめします。事前に評判や口コミなどをチェックしてみるのもいでしょう。

東京でPMSの治療を受けたいあなたへ。女性の体に優しいクリニックを紹介
女性の体に優しい東京のPMS治療クリニック【クリニック・ハイジーア】

クリニック・ハイジーア 一般の病院では行われない詳細な血液検査でPMSの原因を究明し、栄養療法や食事療法、副作用のない治療用サプリメントによる根本治療を行っている「クリニック・ハイジーア」。病状や治療内容についてドクターがしっかり説明してくれるので安心して治療を進めていけます。カウンセリングと医師の診療を合わせて60分、無料で受けることができるため、まず試しに話を聞いてみるつもりで受診できます。

ページのトップへ