おすすめのPMSの治療クリニックをご紹介しています
  • PMSの様々な症状
  • PMS?PMDD?イライラ・うつの原因
  • PMS・PMDDの治療方法と病院(クリニック)の選びかた
  • PMS?妊娠?生理前の吐き気の原因
  • PMSを改善する生活習慣

PMS、PMDDの治療は何科に行けばいい?

月経前のイライラや不安感、乳房の張り、むくみ、冷えなどのつらい症状を改善したいと思ったとき、おそらく多くの人はまず婦人科を受診するでしょう。精神症状が強い場合は心療内科や精神科を選ぶかもしれませんね。

そこでこうした症状を訴え、PMS(月経前症候群)またはPMDD(月経前不快気分障害)であると診断されると、低用量ピルやホルモン剤、抗うつ薬などを処方されることが多いと思います。その結果効果が感じられなかった、副作用でさらにつらい症状に悩まされた、という経験がある女性は多いのではないでしょうか。こういった治療法は根本的な改善にはなかなかつながりません。

原因が解明されていないと言われ続けているPMSやPMDDですが、昨今では研究が進み、特定の栄養素の欠損やライフスタイルが要因であることがわかってきています。今やPMSの原因を検査で特定し、その根本治療を行える時代がやって来たのです。これまで病院へ行っても改善されず今もPMSに悩んでいるという人には、特にこうした根本治療を行っているクリニックを選んで欲しいと思います。このサイトでは、栄養療法を中心に身体への負担の少ないPMS治療が受けられる東京のクリニックをご紹介します。

東京で評判の良いPMS・PMDD治療クリニック

  クリニック・ハイジーア エミーナジョイクリニック銀座 後藤クリニック 成城松村クリニック 新宿溝口クリニック
クリニックの特徴 評価
最新の検査技術で病気の真の原因を探る。薬に頼らない体に優しい根本治療
評価
個別化された最適な治療とケアで、精神と体のバランスと機能を取り戻す
評価
PMSやPMDD、発達障害、適応障害などの精神的疾患のカウンセリング・治療
評価
医師やスタッフ、受付もすべて女性。女性の体の悩みを幅広く解消
評価
血液検査の結果に基づいた食事やサプリメントの栄養療法
PMS治療の主な内容 評価
詳細な血液検査で原因を究明。副作用のない治療用サプリメントで根本治療
評価
栄養療法やホルモン補充療法、脊椎調整治療、重金属デトックス治療など
評価
漢方療法、生物学的治療を中心とした、適度な運動や食事療法
評価
漢方治療、ホルモン療法、サプリメント処方など
評価
体質改善で根本治療。体内の栄養バランスの改善を目的とした栄養療法
処方される薬 評価
ドクターユースオンリーの治療用サプリメント。副作用の心配はほぼない。
評価
栄養療法ではサプリメントを処方。希望に合わせて保険適用の薬が処方
評価
PMSには漢方薬を処方。PMDDには抗うつ薬を月経前2週間分のみ処方
評価
ハーブブレンドやプラセンタサプリメント、天然プロゲステロンクリームなど
評価
PMSには医療用サプリメント。心のトラブルには睡眠薬・安定剤・抗うつ剤など
治療期間の目安 評価
3ヵ月~半年
評価
1ヶ月〜3ヶ月で効果が表れ始める
評価
経過を見て漢方薬やSSRIを服用
評価
2ヶ月以降は様子を見ながら治療
評価
数ヶ月〜半年で変化が表れる
治療費の目安 評価
  • 検査(採血+採尿)15,000円
  • 栄養療法治療50,000円~/月
評価
  • 検査15,800円〜76,000円
  • 診療費5,000円〜10,000円/回
評価
  • 初回2,000円〜3,000円
  • 2回目以降1,500円+薬剤料
評価
  • リプロキュア(180錠)9,500円
  • プラセンタ注射2,000円〜
  • プロゲステロンクリーム12,000円
評価
  • 初回診察+検査10,000円〜
  • サプリメント費用30,000円〜80,000円/月
フォロー体制 評価
初日はカウンセリング+診察60分無料。病状や治療内容についてしっかり説明してくれるので安心。
評価
必要な検査や治療を相談しながら進めていき、心身のストレスをできるかぎり軽減
評価
臨床心理士のカウンセリング(有料)、診療費・薬剤費が1割負担になる自立支援医療制度有
評価
院長や女性スタッフが詳しく話をきき、個人に合った効果的な治療プログラムを組んでくれる
評価
栄養療法に関して、無料電話相談または完全予約制(自費)の医師への事前相談も可能
 

PMSは早めの治療を

PMSが発症するのは早くて20代、そして30代が最もその症状を強く感じる人が多い時期とされていますが、その後閉経する50代まで症状が消えるわけではありません。また、その症状は個人のライフスタイルや栄養状態にも関係していることから、発症時期とその程度には実に幅広い個人差があります。

女性のPMS発症時期

ただし、特に何の対策も講じないままただ我慢するという生活を続けていると、40代50代を迎えたときにさらに症状が悪化し、そのまま更年期障害も始まってとてもつらい毎日を送ることにもなりかねません。PMSは治らないと諦めず、1日も早く自分の状態に合った適切な治療を施すことは、今の自分だけでなく未来の自分にとってもとても大切なことなのです。

【東京版】身体に優しいPMS治療を行うクリニックランキング

東京都内にある身体に優しいPMS治療を行うクリニックをランキングでご紹介します。各クリニックの特徴や強み、口コミや評判に加え、主な治療内容や安全性、治療期間や治療費の目安についても調べてみました。また、どのような方におすすめなのかポイントを絞ってまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

第1位

クリニック・ハイジーア

クリニック・ハイジーア
こんな方におすすめします
  • 病院へ行ってもあまり改善されない
  • 薬の副作用がつらい
  • 対症療法で症状を抑えるのではなく身体の根本から元気になりたい
  • ピルやホルモン剤以外の方法でPMSを改善したい

クリニックの特徴や強み

日本におけるPMS治療では、クリニック・ハイジーアが断トツの実績を誇っています。分子整合栄養医学、免疫療法、キレーション療法、ナチュラルホルモン補充療法などの治療法を中心に、必要に応じて西洋医学を組み合わせるという統合医療を行っています。薬物による対症療法ではなく病態の原因を探り、その多くの原因となっている機能性疾患を根本から改善するという治療法を実施。女性特有の身体の不調や生活習慣病についても、60項目以上の生化学検査や最新の検査技術を使って病態の原因を探ることから始めて、3ヶ月から半年ほどかけて天然の栄養素を摂る治療のみで病態改善を行っていくため、薬による副作用の心配もありません。

クリニック・ハイジーア 比較ポイント

所在地 東京都渋谷区神宮前5丁目13-2 3階
電話番号 03-6452-6611
主な治療内容 一般の病院では行われない詳細な血液検査でPMSの原因を究明。副作用のない治療用サプリメントによる根本治療を行う
治療の安全性 体内で必要に応じて代謝される天然の複合的な栄養素を使用した治療は、一般の薬物治療と比較して圧倒的に安全性が高い
処方される薬 ドクターユースオンリーの治療用サプリメント。副作用の心配はほぼない。
治療期間の目安 3ヶ月〜半年
治療費の目安 検査(採血+採尿)15,000円、栄養療法治療50,000円〜/月
フォロー体制 初日はカウンセリング+診察60分が無料。病状や治療内容についてドクターがしっかり説明してくれるので安心。

クリニック・ハイジーア の口コミ・評判

症状:月経痛、極度の疲労、イライラ (37歳・女性)

2年くらい漢方を処方してもらっていましたが、なかなか症状の改善がみられず。よくも悪くも薬に反応しやすい体質。とにかく副作用がこわいということもあり、ハイジーアの治療を受けてみたところ、次の周期から少し楽になりました。その後もどんどん軽くなっていき半年くらいでほぼおさまりました。

症状:疲労感、下腹部痛、頭痛 (30歳・女性)

産後、生理が戻ってから育児がままならないくらい生理前症候群がひどかったのですが、サプリメントと食事改善の治療で今はほとんど症状がなくなりました。薬ではないので授乳ができたのと、二人目の妊活に入れたのもよかったです。

第2位

エミーナジョイクリニック銀座

エミーナジョイクリニック銀座
こんな方におすすめします
  • つらいPMS症状の改善にピル以外の方法でアプローチしたい
  • 腸内環境の改善や栄養療法に興味がある
  • 検査や治療の内容について詳細説明および意志確認を行ってほしい
  • 現在の生活習慣ごとまとめて指導を受けたい

クリニックの特徴や強み

自然治癒力を最大限に高め、病気にならない身体づくりをサポート。国内および米国研究所との連携による分子整合栄養医学、心身医学、自然医療、東洋医学を組み合わせ、個人の心身の状態に合わせた薬を使用しない根本治療を行います。保険適応外の検査や治療が必要な場合は、十分な説明の上希望がある場合のみ行われますが、根本治療に伴う検査・治療の多くは保険診療の範囲内では行えないものが多く自費診療になります。また、PMSの症状改善には脊椎調整治療や栄養療法などが成果を挙げています。

エミーナジョイクリニック銀座 比較ポイント

所在地 東京都中央区銀座2-11- 8 ラウンドクロス銀座2丁目2F
主な治療内容 栄養療法やホルモン補充療法、脊椎調整治療、重金属デトックス治療などで、精神的症状や自律神経症状に働きかける
治療の安全性 検査結果に基づいて明らかになった原因に合わせた栄養食事療法や運動療法、サプリメント治療などが中心で、ホルモン補充療法については、体内に存在するホルモンと同じ構造で安全性の高いものを使用
処方される薬 栄養療法ではサプリメントを処方、希望に合わせて保険適用の薬が処方される
治療期間の目安 1ヶ月〜3ヶ月で効果が表れ始める
治療費の目安 検査15,800円〜76,000円、診療費5,000円〜10,000円/回
フォロー体制 必要な検査や治療を相談しながら進めていき、心身のストレスをできるかぎり軽減

エミーナジョイクリニック銀座 の口コミ・評判

症状:イライラ、不眠 (39歳・女性)

生理前の精神的イライラと不眠がひどく、心療内科を探しているときエミーナジョイクリニックさんを知りました。今までピルの処方や睡眠薬の対処療法しかやったことがなかったので、腸内環境治療となったときは正直どうなるかと思いましたが、よく眠れるようになりイライラすることも減りました。周りの家族も驚くほどの効果です。

症状:下腹部痛、頭痛、イライラ (33歳・女性)

検査の結果、治療内容に脊椎調整治療が含まれていたのですが、仕事の関係で診療日に休みが取れなくなり、こちらでの治療は断念せざるをえませんでした。初診、検査の料金も高かったので残念です。

第3位

後藤クリニック

後藤クリニック
こんな方におすすめします
  • 月経前に気分の落ち込みやイライラ、不安感などが非常に強い
  • PMSおよびPMDDでも精神症状が強く表れている
  • 漢方による体質改善でPMSにアプローチしたい

クリニックの特徴や強み

大人のADHDや強迫性障害、双極II型障害、社会不安障害、パニック障害、うつ病など、本人にとっては理由のわからない精神症状に幅広く対応。月経前のつらい諸症状についても、PMSとPMDDをそれぞれ別の治療方法で対応します。身体的症状を伴うPMSについては漢方薬や食事療法、運動療法などを中心に、強い精神症状が主体となるPMDDには抗うつ剤であるSSRIを処方し、病気であることを自覚することで対人摩擦を抑えるという治療を行っていきます。

後藤クリニック 比較ポイント

所在地 東京都中野区東中野3-11- 6 誠屋ビル2F
主な治療内容 漢方療法、生物学的治療を中心に、適度な運動や食事療法を行う
治療の安全性 強い精神症状を伴うPMDDに対しては安全性および有効性が高いとされるSSRIを処方
処方される薬 PMSには漢方薬を処方、PMDDにはSSRI(抗うつ薬)を月経前2週間分のみ処方
治療期間の目安 経過を見て服用を続ける
治療費の目安 初回2,000円〜3,000円、2回目以降1,500円+薬剤料
フォロー体制 臨床心理士によるカウンセリング(25分2,500円、50分5,000円)、診療費および薬剤費が1割負担になる自立支援医療制度有

後藤クリニック の口コミ・評判

症状:頭痛 (30歳・女性)

PMSの治療があるとは知らずにいつも頭痛薬を飲んでごまかしてきましたが、薬が効かないことも出てきたので思い切って診察してもらいました。食生活が乱れていたので食事指導と漢方の処方。最初は効果があるのか心配でしたが、今では頭痛薬は飲んでいません。頭痛薬で胃が荒れることもなくなり生理前でも普段通りに過ごしています。

症状:偏頭痛、疲労感、肩こり (36歳・女性)

カウンセリングは丁寧でよかったと思いますが、指導された食事改善療法は、自分でやるにはかなり難しいと思いました。サプリで補ってもいいということで飲んでいましたが、つらい状況は改善しませんでした。

第4位

成城松村クリニック

成城松村クリニック
こんな方におすすめします
  • 生理前のつらい症状を話すのでできれば女性医師が望ましい
  • 身体にやさしいいろんな治療方法を試してみたい
  • PMSを始めとした女性特有の体調不良全般について相談したい

クリニックの特徴や強み

院長の松村医師を始め、看護師や受付もすべて女性スタッフで日本一女性にやさしいクリニックを目指す成城松村クリニック。男性医師には話しづらい女性特有の体調の悩みをじっくりと時間をとって相談することができます。また、オゾン療法やプラセンタ療法、高濃度ビタミンC点滴療法といった最先端療法も取り入れながら、PMSには漢方治療やホルモン療法、サプリメント処方を中心に、1人ひとりの症状に合わせた治療を行ってくれます。プラセンタ注射はサプリメントで処方してもらうことも可能です。

成城松村クリニック 比較ポイント

所在地 東京都世田谷区砧8-23- 3
主な治療内容 漢方治療、ホルモン療法、サプリメント処方などを行う
治療の安全性 PMS治療にはリプロキュアという5種類のハーブを主原料とした女性の身体にやさしいサプリメントを使用
処方される薬 ハーブブレンドサプリメント「リプロキュア」、プラセンタサプリメント、天然プロゲステロンクリームなど
治療期間の目安 2ヶ月以降は様子を見ながら治療を続ける
治療費の目安 リプロキュア(180錠)9,500円、プラセンタ注射2,000円~、プロゲステロンクリーム12,000円など
フォロー体制 院長を始め女性スタッフが時間をとって話をきき、1人ひとりに合わせて効果的な治療プログラムを組んでくれる

成城松村クリニック の口コミ・評判

症状:月経痛、偏頭痛、肩こり (33歳・女性)

半年間、処方されたサプリを飲んで血液検査をしたら、数値がぐんとよくなっていました。もちろんその間、症状がみるみる改善。PMSは生理がなくならない限りずっと付き合わなくてはいけないものだと思っていたので、症状をほとんど感じないまでに改善して本当によかったです。

症状:疲労感、頭痛、腰痛 (34歳・女性)

婦人科をはしごしていますが、PMSのつらさは良くなりません。こちらのクリニックはネットで評判がよかったので予約しました。住宅街にあるクリニックなので、駅からも歩きます。先生もとてもよかったのですが、予約が取りにくいし、遠くから来たのに混んでいて待たされたので、ここに通うのは大変だと思い断念することにしました。予約通りに待たされなければ通いたかったです。

第5位

新宿溝口クリニック

新宿溝口クリニック
こんな方におすすめします
  • 処方された薬が効かなかった
  • 即効性はなくともじっくり確実に体調を改善したい
  • PMS症状だけでなく全体的な体質改善を行いたい
  • やる気が起きず、食欲や集中力も低下している

クリニックの特徴や強み

詳細に渡る血液検査の結果に基づき、食事とサプリメントを使った栄養療法を行うクリニック。心と身体の関係に注目してできるだけ薬に頼らず、人間本来の自然治癒力を最大限に引き出すことを目的とした治療を行います。60項目以上に及ぶ血液検査の結果データを分子整合栄養医学的に解析し、不足している栄養素や代謝の状況を読み取った上で、栄養療法のために開発された高品質・高純度・天然由来の医療用サプリメントを1人ひとりに合わせて処方します。

新宿溝口クリニック 比較ポイント

所在地 東京都新宿区新宿2-3- 11 御苑前311ビル5F
主な治療内容 体質を改善することで根本治療を行うため、体内の栄養バランスの改善を目的とした栄養療法を行う
治療の安全性 GMP基準適合工場で製造された高品質・高純度の医療用サプリメントを使用
処方される薬 PMSには医療用サプリメントを処方。心のトラブルには睡眠薬・安定剤・抗うつ剤などを最小限処方
治療期間の目安 数ヶ月〜半年
治療費の目安 初回診察+検査10,000円〜、サプリメント費用30,000円〜80,000円/月
フォロー体制 栄養療法に関して、無料電話相談(スタッフ)または完全予約制(自費)の医師への事前相談も可能

新宿溝口クリニック の口コミ・評判

症状:下腹部痛、偏頭痛 (29歳・女性)

栄養治療ですぐによくなるとは思っていませんでしたが、3周期目の生理が、偏頭痛も下腹部痛もないままきたのでびっくりしました。たまたまかと思ったのですが、次の生理前も症状がほとんどなかったので、驚いています。薬を使っていないのにこんなによくなるなんて、うれしいです。

症状:偏頭痛、肩こり、めまい (38歳・女性)

栄養治療のサプリメントと食事療法をおこなっていますが、食事療法は仕事が不規則なのであまり実践できていません。高額なサプリを飲んでいますが、食事療法が中途半端な分、効果もあまりないようです。

第6位

新宿ストレスクリニック

新宿ストレスクリニック
こんな方におすすめします
  • PMSやPMDDによる精神症状が強く表れている
  • 抗うつ薬などの薬物療法をやめたい
  • カウンセリングを受けながら治療を受けたい

クリニックの特徴や強み

うつ病や高ストレス、慢性的な身体の痛みなど、心と身体の不調を軽減するために効果的な新しい治療「磁気刺激治療(TMS)」を行うクリニック。初診料なしで無料のカウンセリングが受けられるので、まずは相談してみるつもりで気軽に訪れることができます。脳の状態を測る光トポグラフィー検査の結果に基づいて行われる磁気刺激治療(TMS)には副作用がほとんどなく、1回の治療時間は20分程度で、薬に依存しない新しい治療法として注目されています。PMSおよびPMDDの精神症状の緩和も治療対象です。

新宿ストレスクリニック 比較ポイント

所在地 東京都新宿区西新宿6-5- 1 新宿アイランドタワー 25F
主な治療内容 光トポグラフィー検査で脳の状態を数値データで把握し、磁気刺激治療(TMS)による生物学的アプローチや臨床心理士による心理学的アプローチを行う
治療の安全性 2002年にカナダで承認され、FDA(アメリカ食品医薬品局)で認可を受けた安全性の高い医療器具を使用した治療
治療期間の目安 3ヶ月〜半年
治療費の目安 光トポグラフィー検査12,030円、治療費18,340円/回

新宿ストレスクリニック の口コミ・評判

症状:イライラ、不眠、疲労感 (35歳・女性)

婦人科、心療内科、精神科などいろいろ診てもらってもよくならず、たどり着いたのが新宿ストレスクリニックです。もう薬はうんざりと思っていたのでこちらで検査をし、治療をすることにしました。これから30回の治療に入るのですが、副作用がないので身体の負担がないのが安心です。

症状:下腹部痛、吐き気、不眠、イライラ (35歳・女性)

年々ひどくなるPMSが少しでもよくなればとの思いで、初診を受け検査をしました。カウンセリングで、私の症状にどのように効いてよくなっていくのかなどいろいろ質問したのですが、説明がわかりにくかったのと、30回の治療と決まっていてその全額を(分割OK)を支払う契約だといわれ、私はやめることにしました。検査代なども結構かかりましたが、ここではよくならないような気がしました。

第7位

Kメディカルクリニック

Kメディカルクリニック
こんな方におすすめします
  • PMSによる精神症状、身体症状がいずれも出ている
  • 漢方を使った体質改善を含むPMS改善に興味がある
  • 副作用のある薬は飲みたくない

クリニックの特徴や強み

一般的な内科治療を中心に、漢方治療も積極的に取り入れて幅広い内科疾患に対応している、慶應義塾大学病院の医療連携協力医療機関に認定されているクリニック。漢方婦人科ではPMSの治療にも力を入れており、抑うつ、イライラ、不安感、対人不適応、乳房緊張感、腹部膨満感、頭痛、むくみなどのあらゆる症状を伴うPMSに保険診療で対応しているため、診療費は自由診療と比較して格段に安くなります。月経前の期間に限定して漢方を内服することを主な治療方針としており、副作用もなく安心です。

Kメディカルクリニック 比較ポイント

所在地 東京都世田谷区南烏山4-12- 5 T・S烏山ビル3F
主な治療内容 加味逍遥散、抑肝散などの漢方薬の処方を中心に、低用量ピル、選択的セロトニン再吸収阻害薬などが処方される場合もある
治療の安全性 服用中も妊娠が可能な漢方薬を中心とした治療が行われ、低用量ピルや選択的セロトニン再吸収阻害薬の処方で副作用が認められた場合は処方を停止する
治療期間の目安 月経前の期間のみ漢方を服用し、経過を見て判断
治療費の目安 漢方治療についてもすべて保険診療で行う

Kメディカルクリニック の口コミ・評判

症状:偏頭痛、冷え性、眠気 (38歳・女性)

ピルが体質に合わないのでKメディカルクリニックで漢方を処方してもらっています。漢方は即効性がないと知っていたので、すすめられた通り普段から軽い運動をするようにしたら、症状は少し楽になってきたようです。このまま漢方の治療を続けていきたいと思います。

症状:頭痛、肩こり、不安感 (34歳・女性)

こちらでしばらく漢方を出してもらっていましたが、症状の改善が見られないので相談したところこれ以上のものは処方できないということでした。ここでは改善されないと思い別のクリニックを探しているところです。

私がクリニック・ハイジーアをおすすめする理由

私がクリニック・ハイジーアをおすすめする理由

1. PMS・PMDDの本当の原因を突き止めてくれる

PMS治療に関して画期的な診療を行うとともにつらい症状の改善に効果をあげているクリニック・ハイジーアは、日本におけるPMS治療では断トツの実績を誇っています。これまで低用量ピルやホルモン剤などの対症療法が主流であったPMS治療において、原因を究明した上での根本治療という新しいアプローチがそうした結果につながっているのだと思われます。クリニック・ハイジーアでPMSの原因究明のために行われる検査項目はなんと60項目に渡り、従来の保険適用の一般医療では行うことができなかった詳細な血液検査および尿検査によって、症状を引き起こしている本当の原因を突き止めることが可能になっているのです。

PMSやPMDDの症状は多岐に渡り、また個人差もあるため、本人ですらそれがPMSやPMDDかもしれないと気づくまでに時間がかかることが多いと思います。私の場合は何科に行けばいいのかもわからず、内科、心療内科、婦人科とあらゆるクリニックを転々とし、その結果数分間の問診の後にピルやホルモン剤を処方され、まったく症状が改善されないまま飲むのをやめてしまいました。

しっかり検査をしてもらえること、そして原因がわかるということは、大きな希望につながると同時にすごく気持ちが楽になります。それだけでなく、長年原因が解明されず根本治療は不可能と言われていたPMSやPMDDの治療にこれだけ高い実績をあげているクリニックに出会えたことは、奇跡のような出来事でした。しかもその治療内容はとても身体に優しいものなのです。

2. 身体に優しい治療

クリニック・ハイジーアでPMS治療として行われるのは、栄養療法や食事療法です。栄養療法の一貫として処方されるのは、GMP基準をクリアした工場で作られたドクターユースオンリーの高純度・高濃度の医療用サプリメント。サプリメントというと市販のものを想像してしまい、身体に悪くはなくても効き目も薄いのでは・・・と思ってしまいますが、クリニック・ハイジーアで使用されているサプリメントは1粒あたりの含有量が高く、医師の処方なしには購入できないものです。詳細な検査と結果分析に基づいて、身体に欠損している栄養素を高濃度で摂取することができるため、高い実績をあげています。

また、PMS治療で処方されるピルなどの薬物療法は副作用の問題があり、ひどい場合には服用する前よりも体調が悪くなることもあります。その上根本治療にもならないというのではとても続けて行く気になれず、結局PMS症状を我慢するしかないという悪循環に陥っている女性は本当に多いのではないかと思います。

クリニック・ハイジーアの副作用の心配がない栄養療法は、すでに様々な症状に苦しんでいる私たちにとっては本当にありがたいものです。従来の薬物療法と比較すると、その安全性と身体への負担は格段に違うものになります。

3. 安心のフォロー体制

これまで西洋医学に頼ってきた私たちにとって、漢方治療や栄養療法といったものはいくら身体に負担はなくとも本当に効果が得られるのかはやはり少し不安に感じるものだと思います。でも実は体調が悪くなりお医者さんへ行って最も不安なのは、自分の身体がどうなっているのか、そしてどんな治療を施されているのかがよくわからないときですよね。

クリニック・ハイジーアでは、採用している「統合医療」について、どんな治療がどのような根拠に基づいて行われるのか、初回のカウンセリングでしっかりと説明してくれます。このカウンセリングと医師の診療を合わせて60分、無料で受けることができるため、まず試しに話を聞いてみる、または自分の症状を相談してみる、といったつもりで受診することができます。そしてお医者さんで質問をしてしまったがために医師の機嫌が悪くなり、それ以降さらに何も説明してもらえなくなった、という経験はきっと誰もがあると思いますが、ここでは疑問点についても納得がいくまできちんと説明してもらえます。

もしかしてPMSかな?と思い始めている人、またはすでにPMSやPMDDでクリニックを受診した経験がありながら今もつらい症状に苦しんでいる人が、こうしたクリニックに出会い、根本的に身体の内側から元気になることを心から願っています。

東京でPMSの治療を受けたいあなたへ。女性の体に優しいクリニックを紹介
女性の体に優しい東京のPMS治療クリニック【クリニック・ハイジーア】

クリニック・ハイジーア 一般の病院では行われない詳細な血液検査でPMSの原因を究明し、栄養療法や食事療法、副作用のない治療用サプリメントによる根本治療を行っている「クリニック・ハイジーア」。病状や治療内容についてドクターがしっかり説明してくれるので安心して治療を進めていけます。カウンセリングと医師の診療を合わせて60分、無料で受けることができるため、まず試しに話を聞いてみるつもりで受診できます。

ページのトップへ